スポーツやビジネスなど、様々な分野において注目を集めている「マインドフルネス」。集中力を高める手段として徐々に広まっており、昨今ではマインドフルネスについての研修や資格取得も盛んになってきました。しかしながら、マインドフルネスについて漠然と知ってはいても、メリットや定義を正確に知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

そこでこちらでは、マインドフルネスについての研修や資格認定を行う一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会が、ビジネスにおけるマインドフルネスのメリット、そして瞑想との違いについて紹介します。研修や資格認定についても触れますので、マインドフルネスに興味のある人は参考にしてみてください。

マインドフルネスの資格取得前に知りたい!瞑想との違い

自然の中で瞑想する女性

マインドフルネスとは、特定の手段を用いて何かに注意を払い、心穏やかに「現在」に集中することを指します。「マインドフルネス=瞑想」というイメージをお持ちの人も多いでしょうが、実は心穏やかに現在に集中できさえすれば、用いる手段は何であっても構いません。例えば、料理や掃除などの家事がマインドフルネスにつながる人もいれば、ジョギングなどのスポーツがマインドフルネスにつながる人もいるでしょう。

一方で瞑想とは、目を閉じて心を静める行為そのものを指します。そのため、あくまで瞑想はマインドフルネスの手段の一つに過ぎません。瞑想とマインドフルネスを混同される人が多いのは、瞑想がマインドフルネスの手段としてあまりにもポピュラーだからでしょう。実際に、マインドフルネスにつながる言葉として、「マインドフルネス瞑想」という単語が使われることも少なくありません。

ここまで解説してきたとおり、マインドフルネスと瞑想は、厳密な意味では違うものを指します。しかしながら、実際に瞑想はマインドフルネスに至る最もポピュラーな手段であり、多くのマインドフルネス研修で導入されているのも事実です。マインドフルネスにより集中力を高めたい人は、一つの手段として瞑想を習得してみるのもよいでしょう。

ビジネスにおけるマインドフルネス研修のメリット

マインドフルネス

マインドフルネスは今や医療やトレーニングの一環としてもポピュラーであり、ビジネス分野においても熱い注目を集めています。国際的に有名な大手企業であるGoogleやAppleは、実際にマインドフルネスを研修プログラムの一部として導入しました。

ビジネス分野におけるマインドフルネスのメリットとしては、集中力の向上、そしてストレスの軽減が挙げられます。マインドフルネスとは余計な雑音に惑わされず現在に集中した状態であり、習得すれば落ち着いた精神状態で冷静に物事に向き合うことが可能です。多くのタスクに追われがちなビジネスシーンにおいても、マインドフルネスの状態ならば集中して質の高いパフォーマンスが発揮できるでしょう。

また、マインドフルネスはリラックスや自律神経の調整につながるため、ストレス軽減の効果も期待できます。

このようにビジネス分野においてもメリットの多いマインドフルネスですが、ひとりひとりが独学で習得するのは容易ではありません。会社としてマインドフルネスの導入を図りたいならば、社員研修の一部として組み込むのがおすすめです。

マインドフルネス研修は集中力アップが期待できる!資格取得もサポートする一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会

混同されることも多いマインドフルネスと瞑想ですが、瞑想とは目を閉じて心を静める行為そのものを指し、あくまでマインドフルネスに至る手段の一つにしか過ぎません。

また、集中力向上やストレスの軽減が期待できるマインドフルネスは、有名大手企業の研修の一環として導入されるなど、ビジネス分野においてもそのメリットに注目が集まっています。

一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会では、マインドフルネスを含めたポジティブ心理学についての、資格認定制度・研修などを提供しています。マインドフルネス研修を導入したい、マインドフルネスの資格を取得したいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

イベント情報についてはこちら

マインドフルネス研修なら一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会

サイト名 一般社団法人ポジティブ心理カウンセラー協会
住所
・東京(港区浜松町)
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−15 浜松町ダイヤビル2F
電話番号

※普段留守にしていることが多くございます。
できるだけ、御用がある方は、メールまたはお問い合わせフォームより、ご連絡いただければ幸いです。

メール offer[@]positive-counselor.org
URL https://positive-counselor.org/