ポジティブ心理療法士 セットプログラム

*ポジティブ心理カウンセラーの複数講座を受講することで,上位のマスター,より専門性の高いプロフェッショナルを目指せます。
セット割は,講座途中からでも移行が可能な場合がございますので,ご相談願います。もちろん,単発での各専門プログラムの受講も歓迎しております。
ワークショップを通じた体験・実践形式となっております。通信講座では身につけられない他者支援,社会的な支援に向けた実践的・体験的な講座。
対話的な実践を通じて,柔軟性,対話力・質問力・心理療法の技術を高めることができます。各資格者コースは,各資料ダウンロード,資料の利用権,認定証の発行があります。

一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会では、当協会の講座を受講され、実践される方に対して、
ポジティブ心理療法士®(ポジテイブサイコセラピスト)】の新設が行われました。(特許庁公認にて登録)

認知行動療法の資格は一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会
ポジティブ心理療法
(Positive Psychotherapy)とは

ポジティブ心理療法とは、ポジティブ心理学を基盤として、ポジティブ心理療法認知行動療法解決志向療法、ホープセラピー、ナラティブ・セラピー、ポジティブ感情療法などを統合的に応用し、科学的・物語的に体系化された心理療法です。自分自身のストレングス(強み)やレジリエンス(逆境力)を育み、困難な問題に対処できる能力を高め、マインドフルな状態、自己受容,自己決定感,自己効力感,自己成長力、持続的な幸福感を高めていく心理療法です。

当協会では、ポジティブ心理学ポジティブ心理療法ポジティブ認知行動療法、コーチング心理学、ポジティブ教育、PTG(ポスト・トラウマティック・グロウス(成長)、PTS(ポスト・トラウマティック・サクセス)、形成・拡張理論、持続的幸福感(フラーリッシュ)、PERMA理論、フロー理論、希望療法(ホープ・セラピー)、自己成長主導性、自己肯定感、自尊感情、自己効力感、ポジティブ感情、物語療法(ミーニングセラピー)、カウンセリング、アセスメント、ストレングス、レジリエンス、マインドフルネス、エンカレッジ、メンタルヘルス、メンタリング、コンパッションなどを幅広い応用を取り入れています。

ポジティブ心理療法(ポジティブサイコセラピー(PPT))は,肯定的な心理学を活用した治療アプローチです。診断と治療に対する人間性中心主義や認知行動療法,解決志向療法など,さまざまな心理療法の影響を受けています。

SeligmanRashid、およびParks2006)は、ポジティブ心理療法の定義について紹介しています。

ポジティブ心理療法(ポジティブサイコセラピー:PPT)とは、抑うつ症状に対して,直接対処するのではなく,ポジティブな感情、エンゲージメント、および意義を高めること。

ナラティヴ(物語)、創造的なアイデア、メタファーを活用して、ウェルビーイング(精神的健康),ソーシャル・ウェルビーング(社会的に良いあり方への貢献)に対して新しい目的を構築できるようにしていきます。ポジティブ心理療法を活用することで,クライエントとカウンセラーは,前向きな行動に目を向けることにより,共に幸福感を感じられるようになり,互いに達成や成長する感覚が得られます。これは,ポジティブ心理カウンセラーにも通じます。


ポジティブ心理療法,ポジティブ教育 プログラムの内容  ポジティブ心理学と関連する心理療法,脳科学など 知識や理論を活用するために!

1:ポジティブ心理学とポジティブ心理療法の基礎理論,ホームワークの重要性,楽観主義,持続的幸福感,ウェルビーイング,ウェルドゥーイングにつなげる

2:ポジティブ感情 ・・・ ポジティブ心理療法とアンガーマネジメント 怒り,不安,うつの感情から繰り返しから,脱却するために

3:フロー&エンゲージメント ・・・ 仕事や学習に熱中するメリットは?

4:感謝 ・・・ 感謝の特性,感謝のワーク,3つの感謝 感謝の科学的な根拠

5:ストレングスとトラウマ ・・・ 強味と弱味の理解,受容と活用,強化を実施します。また,トラウマは強みに転換するための方法

6:レジリエンス ・・・ 柔軟性,弾力性,困難な状況をはねのける力?困難な状況の乗り越え方 外傷後の成長,外傷後の成功,外傷後の発展

7:勇気 ・・・ 勇気づけ,アドラー心理学とポジティブ心理学を通して,勇気とはなにか? 劣等感,嫌われる勇気,幸せになる勇気

8:希望(ホープ)・・・希望療法(HOPE Therapy),希望の理論,ロゴセラピーと希望

9:許し ・・・ 許す力。You are OK。 怨嗟 人を呪えば穴2つの心理

10:セルフ・コンパッション ・・・ 自尊感情のケアとしての思いやり,慈愛 自己批判せず

11:マインドフルネス ・・・ マインドフルネスの基礎と応用,認知行動療法,瞑想と呼吸法,スポーツ心理学の手法なども活用して

12:時間的展望 ・・・ 時間の心理学 過去,現在,未来 パースペクティブ・テイキング


ポジティブ心理療法の応用編について

希望療法(ホープ・セラピー HOPE THERAPY
ポジティブ心理学などの「希望の理論」を活用した心理療法です。
ここでは、希望と絶望の両方を扱います。絶望は、本当の絶望が起きないようにしていく
ための対処として扱い、クライエントが自ら、希望が見つけ、希望を構築できるようにしていきます。

ストレングス・セラピー(強みを活用したポジティブ心理療法 Strength-Based Therapy)
ストレングス・セラピーとは,強みを活用したポジティブ心理療法です。
VIA,ストレングスファインダーなど強みに関する尺度に基づいて実施されたりします。
すでに自分自身が持っている強みに着目し,それを活用して問題解決に当たります。
また,自分自身の強みに意味・意義を見出し,変化に対応していきます。
ナラティヴ,解決志向アプローチなどを活用するケースがあります。

ストレングス・sラピー

プレイフル・セラピー (Playful Therapy)
プレイフル,エンジョイ,つまり,遊び,遊び心,楽しさを活用したポジティブ心理療法です。
ゲームやカードゲームを活用するのも,ひとつのプレイフルなセラピーと言えます。
また,ナラティヴなど物語を活用して,物語,肯定的な解釈を活用したしたりします。
ポジティブ心理カウンセラー協会では,
プレイフルなセラピーとして,カードゲームなどを活用しています。

ミーニング・セラピー (Meaning Therapy)
肯定的な意味について探究していくセラピーです。社会構成主義や,ナラティヴ・アプローチなどを応用した内容が含まれております。
人生におけるライフストーリー,未来に対しての物語について,肯定的な意味を発見したり,構築したりすることで,
自分自身や他者の有意義な活動ができるようにする内容が含まれています。

ポジティブ心理学に基づくナラティヴ・セラピー
人間は物語を語る生き物。物語は、人と社会を理解する上で重要になっています。
日々のストーリーをより充実した人間関係を楽しみ、より幸せになるための自分らしさ(アイデンティティ)を発見する際に物語は有効です。
物語の執筆者や編集者になることによって,自己及び他者のポジティブ・アイデンティティを見つけ
人生、人間関係、そして精神的健康全般を改善していきます。

ポジティブ心理学 ナラティヴ・セラピー

ポジティブアートセラピー(ポジティブ芸術療法)
「ポジティブ・アート・セラピーは、本質的な健康、芸術、個人の回復力がに関わる芸術療法です。
アートを肯定に活用して,独自に表現された私たちの生来のアイデンティティの回復,創造的な知性を受け入れる肯定的な芸術療法です。

ポジティブアートセラピー


ポジティブ心理療法士®(ポジティブサイコセラピスト)とは、「ポジティブ心理学」などの肯定的なアプローチを活用したポジティブ心理療法(ポジティブサイコセラピー)、ポジティブ認知行動療法、ポジティブ教育、ポジティブ感情、カウンセリング、アセスメント、ストレングス、レジリエンス、マインドフルネス、エンカレッジ、メンタルヘルス、メンタリングなどを統合的にマスターされた方に送られる資格です。(講座は、日本語で開催されます。)

※当協会では、これまでカナダトロント大学 ラシッド先生とセリグマン先生の共同開発である「ポジティブ心理療法(ポジティブサイコセラピー)」のワークショップに参加してきました。また、ラシッド先生より、レジリエンス、ポジティブ心理療法のマニュアル資料を提供いただきました。また,様々な世界のポジティブ心理学に関する論文などを基に
ワークショップを開催しております。日本人向けに,研究活動,心理アセスメント(調査・研究)も行いつつ,実践しております。

また、北海道医療大学 心療内科、森谷満先生と協働でにて、カナダトロント大学 ラシッド先生とセリグマン先生の共同開発である「ポジティブ心理療法尺度」(フラーリッシュ尺度)を翻訳し、分析を行っています。

ポジティブ心理学、ポジティブ認知行動療法などに関わる「自己成長主導性(PGIS)」などを翻訳したり、ポジティブ心理学に関する介入・支援法について、翻訳を行ったり、研究・実証を元に講座を行ってまいりました。

また、世界的に利用されている「レジリエンス」(Brief Resilience Scale)、シドニー大学のグラント先生ら「解決志向尺度」などの翻訳を行ってまいりました。

それらの実績を元にワークショップを開催しております。

認知行動療法の資格は一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会

文化的な違いから、海外と我が国のデータなどを踏まえて講座を開催しております。

「ポジティブ心理療法士®」(ポジティブサイコセラピスト)は、ポジティブ心理学に関わる資格講座(初級のみ可)を受講し、資格を取得され、試験課題を提出いただいた方に与えられる資格となります(すべて初級でもOK)。あくまで,課題は,落とすための課題ではなく,自ら,成長するための実践課題を提示しております。

 

*内容は変更になる可能性がございますので、予めごご了承願います。

【ポジティブ心理療法士®】(ポジテイブサイコセラピスト) に関しましては、以下の5以上の資格を取得した方に現在、受験資格が与えらる予定となっております。

受験に関しましては、以下の講座を修了し、一定の実践課題をクリアした方に進呈される資格となります。

今後、無理のない程度で、余裕がある時に、少しづつ受講できる形となっておりますので

もし、ご希望でしたら、ご受講いただければ幸いです。

ポジティブ心理療法士を目指す上では
などの講座から始めても大丈夫です。(都合に合わせて,ご参加願います。)

ポジティブ心理カウンセラー(必修)
ポジティブ感情カウンセラー(必修)
レジリエンスカウンセラー(必修)
マインドフルネスカウンセラー(必修)
エンカレッジカウンセラー(選択必修)
ストレングスカウンセラー(選択必修)

など

※提携している「コーチング心理学協会」の専門プログラムなどの資格講座を1つカウントすることができます。
*例えば、認知行動コーチング、ナラティヴ・コーチング、解決志向コーチングなどです。

コーチング心理士(R)などを取得すると、認定ポジティブ心理学コーチングの資格も取得できます。


※「ポジティブ心理療法士(R)」の認定資格申請費(33000円)を割り引いた「5つの受講プログラム割引セット」もご用意しております。
もしご希望でしたら、ご連絡をお願いします。※実践課題審査に合格された方

なお,専門的スペシャリスト ポジティブ心理療法士(R)さらに,一括で申請いただく方には,一括による割引セットがおすすめです。

これまで受講いただいる方でも,セット割に途中からの申請も可能な場合もございますので,気軽にご連絡いただければ幸いです。

なお,各プログラムはセットだけでなく,個別だけでも参加できます。気軽にご参加いただければ幸いです。

ステップアップで学び・取得できるようになっています。

ポジティブ心理療法士(ポジティブサイコセラピスト)

なお、これまで受講された方にも不利がないように、差額分でセットコースに移行して受講することもできます。

すでに、上記の講座を資格コースを受講されて、資格を取得されたい方は、
資格取得のための手続きが必要ですので、事務局までお問い合わせ頂ますようお願い申し上げます。

ポジティブ心理カウンセラー協会事務局

認知行動療法の資格は一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会。商標登録証

認知行動療法・ポジティブ心理療法・解決志向療法を身につけるなら一般社団法人 ポジティブ心理カウンセラー協会へ

サイト名 一般社団法人ポジティブ心理カウンセラー協会
住所
・東京(浜松町)
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−15 浜松町ダイヤビル2F
・軽井沢サテライトオフィス
〒389-0202 長野県北佐久郡御代田町草越1173−783 軽井沢サテライトフィス
電話番号

※普段留守にしていることが多くございます。
御用がある方は、メールまたはお問い合わせフォームより、ご連絡いただければ幸いです。

メール offer[@]positive-counselor.org
URL https://positive-counselor.org/